カテゴリ:旅行記( 47 )

子連れグアム旅行 最終日 PROA再訪

最終日は16時10分のフライトのため、レイトチェックアウトにしてもらい14時までお部屋が使えることに。
簡単にこういう融通が利くのもリージェンシークラブのよいところです。

最終日もビーチへ行こうと思ったのですが、さすがに少し疲れてきたのと、
水に濡れてしまったら帰りの支度が面倒ということで、のんびりすることに。

目が覚めるまで寝ていて、遅めの朝食。
その後パッキングを完了して、今回2度目のPROAへランチに。

f0129798_6373935.jpgf0129798_638413.jpgf0129798_6382533.jpg






この日は大人はBBQプレートを一人1皿づつオーダーし、
息子には前回と同じキッズメニュー。

このキッズメニューのパスタがとにかくおいしいのです。
トマトベースのペンネにミートボールが乗っているのですが、
前回食べたときにうん?ちょっとスパイシー?と思って
見ると大きな鷹のつめが1個入っていました。
息子はというと、おいしいおいしいとモリモリ食べていたので、
まぁ大丈夫だと思うのですが、前回に引き続き、
今回もRedPepper入ってないよね?スパイシーじゃないよね?と
何度も確認したので、グアムではこれは辛いうちには入らないのかも。

でも私が食べてもピリッとして、濃厚なペンネアラビアータという感じです。
量も日本で食べる普通の大人のパスタ1人前程度あり、味量値段ともに
合格!な感じ。

またもやおいしい料理を堪能し、息子にはいい子にしていたごほうびに
あの苺のシャーベットを注文。

PROAにはケーキ屋さんが併設されているので、ケーキもとっても
おいしそう。でもプレート食べて更にケーキはちょっと苦しいかもしれません。
次回はケーキのためにお腹を少し残しておこう。

一旦ホテルに戻り、シャワーを浴びて、空港へ。 
ハイアットから空港までは車で10分もかからない距離。
3泊4日は短いなと思っていたのですが、
朝便着夜便帰りだと丸々3日は遊べますし、レンタカーを利用すれば時間のロスも
ないので、かなり充実した旅行になりました。

これからちょこちょこ訪れそうな予感たっぷりな、
楽しくのんびりな子連れGUAM旅行でした。

次回はガンビーチでダイビングしてみたいなぁ。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-05-23 06:39 | 旅行記

子連れグアム旅行 3日目 ガンビーチ

3日目、明け方スコールがあったようですが、私が目覚めたときからは
この日も晴れ。
今日はホテルから車で10分ほど、日航ホテルのすぐ北にある
ガンビーチに行きました。

f0129798_23294468.jpgf0129798_2330772.jpgf0129798_23302357.jpg






ここもブログでシュノーケルがGoodという情報を入手していた場所。
舗装されていない悪路を抜けると、ここは本当にグアム?という
無人島のような美しくひっそりとした雰囲気のビーチに出会いました。

ランチ付のオプショナルツアーで使われる、ファイファイホワイトサンドビーチは
ガンビーチからアクセスします。ファイファイは観光客にも人気のビーチのようですが、
このガンビーチには人っ子一人いません。

やしの木の木陰がないので、崖の下に敷物を敷き、まずはだんなさんが
シュノーケルのポイントチェック。その間、息子と私は浅瀬でバシャバシャ水遊びです。

f0129798_2332409.jpgf0129798_2333262.jpgf0129798_23333594.jpg






f0129798_23344642.jpgf0129798_23351226.jpgf0129798_23353577.jpg






ビーチから50メートルほどは水深10センチ~1メートルほどの浅瀬ですので、
小さな子でも安全に遊ぶことができます。その先は水深5~8メートルほどでしょうか? 
砂地の両サイドに棚があり、その辺りに小魚がわんさか。
珊瑚も元気いっぱいで、まさに南の島の水中という感じがすごく心地いい・・・
透明度も20メートルは抜けている感じで、前日のイパオビーチとは
まるで別世界でした。

今回もだんなさんと交替でシュノーケルを楽しみ、3時間ほど遊んで
ホテルの売店で買ってきたサンドイッチとフルーツでランチタイム。
グアムのビーチはアルコール禁止なのがちょっと残念ですが・・・

息子は相変わらず、おぼれそうになりながらもきゃあきゃあ大暴れ。
息子用に前夜Kマートでライフジャケットを買っておいたのですが、
絶対に着ないと言い張り、それを浮き輪にしてだんなさんの背中に
おんぶ、亀さん泳ぎなるものを堪能していました。

そして息子の水泳レッスンですが、だんなさんが一生懸命特訓した甲斐あって?
犬掻きで2メートル、カエル泳ぎ(平泳ぎの足)でちょっとのサポートをしてあげると
5メートル位泳げるように。それを上達というのかは微妙だけど、でも第一歩としては
まずまずです。

貸切状態の美しいビーチを堪能し、ちょっと小腹が空いたので、
またもやマイクロネシアモールのフードコートでタコベル、
パンが好きではないので食が若干落ちていた息子用には
大好きな納豆巻を買ってホテルに戻りました。

テラスでビールを飲みながらタコス。その後息子はお昼寝タイム、
お昼寝後はホテルのプールでまたもやウォータースライダー三昧。
プールサイドでカクテルを飲みましたが、カクテルよりも息子が頼んだ
ベリーミックスのスムージーが最高においしかった。
グアムはアメリカ~ン?な文化と多少違っているのか、
ジュースやアイスもわりとフレッシュで、添加物嫌いな私にはうれしかったです。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-05-21 23:37 | 旅行記

子連れグアム旅行 2日目 PROAでディナー

ランチに行くことができなかったPROAですが、やはり一度は行きたかったので、
再度ディナーで訪問。

ホテルで予約をしてもらったのですが、6時のOPEN時はガラガラ、
予約は必要なかったかも?と思いきや、どんどんどんどんテーブルが埋まって
いき、あっという間に満席。
人気の高さが伺えます。
お料理はチャモロ料理ということですが、とにかくどれも美味しかった。

f0129798_23454523.jpgf0129798_2347511.jpg






まずナチョス。
これが何の味だろう?というほどのおいしさ。お肉が入っているのですが、
今までに経験したことのない味。メキシカンをチャモロアレンジしてあるのでしょうか?

それとシーザーサラダ。 
味は定番ですが、盛り付けにセンスが感じられます。

そして、待ちに待ったスペアリブBBQ。
私は今まであまりスペアリブをおいしいと思ったことがなかったのですが、
ここのは本当に美味しかった!

そして何よりボリューム満点な量とお店の方のサービスがGood.
おいしいものを食べて欲しいという気持がひしひしと伝わってくるレストランでした。

デザートはもうお腹いっぱいだったので、アイスのみにしましたが、このいちごの
ソルベが最高でした。フレッシュな甘酸っぱさがなんともいえず・・・

f0129798_23553746.jpgそして、最後にはサプライズで少し早いですが息子のHappy Birthdayのお祝いをお店の方がしてくれました。
サービスのプレートと歌のプレゼント。
息子は黒い服を着たお兄さん3人が突然自分の横でタンバリンを持って
Birthday Songをラップバージョンで歌ってくれたのにびっくりして完全にフリーズ。。。

最後には怖くてそっぽを向いてしまったのですが、でも後から聞くととても印象に残って
いたようで、とてもうれしいよい思い出になりました。
そしてそのプレートの揚げバナナのようなデザートがこれまた最高に美味しかった。
単なる揚げバナナですが、外側がキャラメリゼしてあって、それにココナッツフレークが
まぶしてあり、なんともいえない食感と味。
息子が要らないというので、私が全て頂きました!

2時間近くよいこでいられた息子。でもこのお店、子連れでも全然気兼ねなく
お食事もできるし、とにかくお料理が美味しいので、本当に気に入ってしまいました。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-05-20 23:56 | 旅行記

子連れグアム旅行 2日目 イパオビーチ

2日目も朝から快晴。
朝食後、車を借りて、ホテルから約10分のイパオビーチへ出かけました。

f0129798_14313436.jpgf0129798_14315181.jpg






f0129798_14321823.jpgf0129798_14323324.jpg






ここはグアム在住の方のブログで、まずお勧めしたいビーチという
ことだったので、とりあえず行くことに。
9時過ぎに到着すると、このビーチは観光客はほとんどこないようなのですが、
日曜日ということもあり、ローカルの家族連れですでににぎわっていました。
子供達は海で遊び、大人はBBQの準備。

私達は椰子の木陰に敷物をしいて、早速海へ。
息子はやはり半分おぼれかけながら、おおはしゃぎで暴れまわっていました。
このビーチも白砂がとても気持がよく、まるで絵に描いたような美しい場所。
水の透明度も悪くなく、明るい感じがとても気に入りました。

そして、今回ダイビングは予定していなかったものの、3点セットは準備してきたので、
だんなさんと交代でシュノーケリング。
遠浅のビーチから50メートル程泳ぐと、水深3メートル程度のところに
珊瑚が元気よく育っていて、そこにはデバスズメやツノダシなど、沢山のお魚が
気持よさそうに泳いでいました。

最後に行ったダイビングは、息子の妊娠に気づかずに潜ったタイですが、それ以来
何度か海には行ったものの、マスクをつけて水に入ったのは3年半ぶり。
それほどすごい水中ではないものの、水の中を覗いているだけで、なんだか
とても癒されリラックスできました。

2時間ほど遊び、そのブログでグアム1と評価されていたすぐ近くのPROAというレストラン
でランチにしようと向かいましたが、日曜日のランチはお休みだったようで、
仕方なくマイクロネシアモールのフードコート内でタコベルやバーガーキング腹ごしらえ。
どれも美味しかったですが、特におすすめなのがその中にある韓国料理のお店。
プルコギが最高でした!

ホテルに戻り、息子はお昼寝タイムです。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-05-20 14:35 | 旅行記

子連れグアム旅行 1日目

土曜日から3泊4日でグアムに行ってきました。
突然決めた旅行。初めてのグアムですが、実はあまり期待をしていなかったので、
ほとんど事前に何も決めず、海でリラックス程度と考えていました。
ガイドブックを買ったのも出発2日前。
準備も前日に慌ててして、バタバタで出発。

朝6時半に家を出て、グアム到着が現地3時前。3時間半のフライトは
やはり近いです。子連れには最適というのも納得。
期待をしていなかったグアムですが、空港を出た途端に南の島の心地いい風が吹いていて、
町並みもきれいで明るく、思った以上にいい感じです。

f0129798_2348587.jpgf0129798_23492371.jpg






f0129798_23504887.jpgf0129798_2351760.jpg






今回宿泊したのはハイアットリージェンシー。
だんなさんがメンバーだったおかげで、お部屋はクラブカテゴリーの
スイートルーム。最上階からの眺めは最高でした。

息子はお部屋に到着すると、途端に異常なまでのハイテンション。
すぐに海に行きたいというので、チェックイン後すぐに水着に着替えて
ホテル前のビーチへ。
プールを抜ければ、目の前には白砂が気持のいい、遠浅で小さな子にも
安全なプライベートビーチが広がっています。

息子には実質初めての海水浴ですが、初日から水を全く怖がらずに
だんなさんと一緒におおはしゃぎ。半分おぼれながら、きゃあきゃあ言って
泳ぐ練習を楽しんでいました。

その後はホテルのプールへ。

何種類かのプールがあり、とっても気持のいい場所。
息子はウォータースライダーにはまってしまい、何回もパパにリクエスト。
これでもかというほど水を飲んでいましたが・・・楽しくてなにより。
もしかして水を怖がるかな?と思った私達が大間違いでした。

f0129798_23532453.jpg夜はクラブラウンジのテラスで夕日を見ながらビールとおつまみで乾杯。
クラブルーム宿泊者は、朝食のバイキング、日中のドリンク類、
カクテルタイムのビールやシャンパン、軽いおつまみやデザートがフリーなのが
とてもうれしいサービスです。
おつまみも凝ったものが充実していて、アルコールの種類も豊富。
初日はあまりお腹もすいていなかったので、おつまみと数杯のアルコールだけで食事には行かずにすましてしまいました。

ハイテンションの息子は22時になってやっと就寝です。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-05-19 23:55 | 旅行記

熱川週末旅行 2日目 伊豆バイオパーク

f0129798_10146.jpgf0129798_12312.jpgf0129798_132361.jpg







翌日は雲ひとつない快晴。
日の出と同時に息子に起されましたが、
とてもきれいな太陽をみることができてよい気分。

息子は少し咳がでていたので、私だけお風呂へ。
混雑していましたが、朝風呂は気持ちがいいですね。

朝食後、宿を後にし伊豆バイオパークへ。

幼馴染からきりんに餌を上げれるよとお勧めされていたので
今回のメインイベントに決定。
サファリバスに乗りきりんやサイを間近で見てから、売店でにんじんを買いました。
息子は怖がるかな?と思いきや、色々な動物ににんじんをあげるのが
とっても面白い様子。
キリンにあげようとすると、なが~い首のキリンが近寄ってきて、
なが~い舌をべろーんと出したのにビックリして、ちょっと怖くなってしまったのですが、
その後はちゃんとあげることができてとっても満足そうでした。

たくさん歩いたので、車に乗ると1分で爆睡。
ちょうどお昼だったので、食べログで高評価だった回転寿司でお昼にしようと
したのですが、息子を置いていくわけにも行かず、
抱っこで寝かせたまま食べようと抱っこしてくると途端に目覚めてしまった息子。

大好きな納豆巻きとメロンをたくさん食べてうれしそうでした。
ちょっと前までは寝ているところを起こされるととっても不機嫌だったのですが、
成長したなぁ・・・とだんなさんと二人でしみじみ・・・

この回転寿司、地物の珍しい魚がたくさんあって、なかなか面白い品揃え。
味はまぁまぁでしたがネタが大きくてなかなか良かったです。

車に乗ると又寝るかなと思ったのですが、全く寝る気配なし。
私は偏頭痛が始まってしまい、つらかったので失礼して寝てしまったのですが
息子はパパとずっとお話していたそうです。

f0129798_193366.jpg
短いあわただしい旅行でしたが、息子はとてもうれしそうでした。
私も8時間眠ることができて、少しは日ごろの疲れを癒せたかな?
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-02-10 01:10 | 旅行記

熱川週末旅行 1日目

f0129798_053379.jpg







週末は懇談会の後、お昼ごろ家を出発して熱川の保養所に
旅行に行きました。変な時間に出発したので、道路渋滞に巻き込まれ、
到着は16時過ぎ。

先ずはビールで喉を潤した後、1日中ほとんど体を動かしていない息子
に運動をさせようとホールで卓球をしたり、輪投げをしたり。
最近息子はボール遊びにとても興味があるので、一生懸命ラケットで打とうと
頑張っていました!

夕食は懐石風。
保養所とはいえ、ここの料理はかなりレベル高し。
相変わらずのおいしさに満足しながら、息子の分までちょこちょこ手を出し、
ビールとワインで極楽気分。
息子も初めての料理に色々手を出し、とてもうれしそうでした。

その後はパパと温泉に行き、マッサージルームで散々遊び、
部屋に戻るとお布団で大はしゃぎの息子。
散々ゴロゴロ転がったりして遊びながら、10時前にやっと眠りにつきました。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2009-02-10 00:54 | 旅行記

子連れオーストラリア旅行 帰国の日 

空港までは車で30分程度。
Sさん家族は朝7時の出発に家族みんなで付き合ってくれました。
Sさんたちとの別れのとき、息子はなんとかバイバイできたのですが、やはりとってもとっても頑張ってこらえていたようです。

入国審査が済み、手荷物検査のとき、しょっていたカンガルーのリュックを脱がそうとした途端、おそらく糸が切れてしまったのでしょう・・・
今まで経験したことのないほど泣いてしまい、あっちへ帰るあっちへ帰る・・・と。
30分近く泣きじゃくり、それでやっとリセットできたのか、なんとか落ち着きを取り戻し、
カンタスのラウンジで簡単に朝食。

飛行機内ではこれがまた大変でした。
デイフライトだったので、体力有り余った息子はほんの1時間ほどお昼寝をしただけで
あとはもう大騒ぎ。
歌を歌ったり、ちょっとしぃーというと「しぃじゃないよぉ!」と大きな声で怒ったり・・・

トイレに何度も行って、手を洗ったりうがいをしたりして遊んで、絵本を読んで
DVDを見てもまだあと2時間・・・とかいう感じで。
9時間のフライトは2歳6ヶ月児にはかなり退屈な感じでした。

なんとかかんとか、着陸し、空港に止めておいた車に乗り込み、息子に
「もうパパとママだけだから大きな声でお歌歌っていいんだよ」というと
途端にうれしそうに最大音量で♪線路はつづくよ~と何度も歌う息子。
大好きな歌が歌えなくてストレスためていたようです。
そして5回くらい歌ったら途端にコテンと寝てしまいました。

今回の旅行は息子にとって、最高に楽しい1週間でした。
親にとっても昼間から飲んで飲んで飲んでの極楽週間。
いつも2時間以上お昼寝をする息子なのですが、
今回は丁度どこに移動するにも片道1時間程度だったので睡眠はそこで取り、
夜は21時半頃までノリノリ。
さすがに朝は7時頃のそのそ起きてきましたが、2歳6ヶ月。
息子もどんどん成長しているようです。

私たち夫婦は観光旅行なるものがあまり好きではないので、
今まではダイビング旅行ばかりでした。
最初は何をしようか戸惑いましたが、目覚ましをかけずに 、
毎日鳥の声や波の音で目覚め、ビーチでのんびりし、
昼間からおいしいワインやチーズを堪能し、 息子はRちゃんやKちゃんお任せ!

息子を出産して、直後に母が倒れ、誰にも頼れずに育児と介護の両方をしながら
仕事復帰し、目が回るほどの毎日を送っていた私ですが、
今回初めて育児を離れてリラックスできた1週間でした。

オーストラリアは過去にGBRをダイブクルーズで回りましたが、
気候もよく町並みがきれいで国民のモラルが高く治安もよく、
教育もしっかりしていてとても心地のよい国だなぁと実感。
こんなところで子育てができたら幸せだろうなと思います。

何をしたかというと、特になんにもしていないのですが、
とにかくのんびりくつろげた楽しい旅行でした。

次はどこに行こうかな??
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2008-12-01 23:12 | 旅行記

子連れオーストラリア旅行 6日目 Avoca Beach

f0129798_03562.jpgf0129798_032738.jpg







f0129798_043381.jpgf0129798_045741.jpg







最終日も快晴。
朝食後、シドニーに帰る途中にAvoca Beachに立ち寄りました。
とても美しいビーチで、波がいいのでサーファーが多く、
でもその脇の入り江のような場所は波もなく安全なので、
パパはサーフィン、ママと子供達は水遊びということが可能な場所。
入り江の砂浜にはたくさんの子連れママがくつろいでいました。

私たちは水遊びをしたり、岩場でカニを探したり。
もちろんここでも大人はビールとチーズで乾杯。

お昼まで遊び、シドニーのSさん宅へ向いました。

家に到着すると息子はすぐにお庭へ。
まるで自分の家のように、すっかりくつろいでしまっていました。
その後息子をR君、Kちゃん、Sさんにお願いし、Sさんの案内でシドニー市内へ。

旅行中ほとんどアジア人に出会わなかったのですが、
さすがにシドニー市内では働いている方や観光客など多く見かけました。

だんなさんが我が家の10メートルの吹き抜けにアボリジニアートを飾りたいと、
ギャラリーを回りましたが、コレと思うものは皆7000ドル以上はする高価なものばかり。
円高とは言え、さすがに手が出ずにあきらめました。

お土産などを少し買って、スーパーに寄って買い物をしていると、
Kちゃんが息子を連れて登場。さんざん遊んで満足した息子はにっこりうれしそう。
2時間半もパパママが居なかったにも係らず、まったく問題なかったみたい。
バトミントンをしたり、ボールで遊んだり、絵の具でお絵かきをしたり・・・
親の買い物につきあわされるより、ずっとずっと楽しかったようです。

f0129798_06852.jpgf0129798_062541.jpg







夕飯はSさんの16歳の長男 K君のお友達親子とルームシェアのMちゃんも加わり
総勢11名でお庭でDinner。
おいしい手料理とタイフードのケータリング、もちろんおいしいワインやチーズで
4時間以上も楽しい夜を過ごしました。
その間、子供たちはバスケットをやったり、バトミントン、おなかがすくとテーブルに
きて料理をつまみということを繰り返し、とっても楽しそうでした。

息子も夜10時までなんとか頑張って起きて、ベッドに寝転ぶと1分で熟睡。
パッキングを済ませ、シャワーを浴びて、ふと気が付くとだんなさんもすでに熟睡。

翌朝は7時出発なので、私も12時には眠りました。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2008-11-30 23:52 | 旅行記

子連れオーストラリア旅行 5日目 ポート スティーブンス

f0129798_2375587.jpgf0129798_239225.jpg







5日目は朝から快晴。
息子は朝食も取らずにお兄ちゃん達のキャビンへ行くと騒ぎ、結局2時間も戻らず。
R君を見るとストーカーのようにくっついて回り、「ママはいないほうがいいの~」とまで!
その間に私とだんなさんはテラスで静かな朝食をとりました。

朝食後は、宿から車で1時間半ほどのポートスティーブンスへ。
ここはオーストラリアで5本の指に入るといわれる美しいリゾート。
クジラウォッチング クルーズで有名な場所です。

f0129798_23103611.jpgf0129798_2310546.jpg







白い砂浜に穏やかな湾内。 
ゆったりとした時間が過ぎていく感じがとても心地よかったです。

息子は実は海水浴は初体験。怖がるかな?と思ったのですが、
お兄ちゃん達の後をついてどんどん水の中に入っていき驚きました。
でもすぐに転んで、立とうとしたらまた転び、鼻から水も入り、
海水も飲んでしまい大泣き。
これで怖くなって水嫌いになってしまったら??と心配でしたが、
直後にまたどぼどぼ水に入っていったのでほっ。

間近に数頭のイルカも泳いでいて、目の前でジャンプ。
息子は大好きなイルカを見てとてもうれしそう。 
しばらく水遊びをして、だんなさんとSさんがランチとビールを買って戻ってきたのですが、
どうも雲行きが怪しく、それでもビーチの小さなBBQスペースで
ビールとカラマリで乾杯をしていると直後激しいスコールに。
あまりの激しさにびしょぬれになりながら車に避難しました。
30分ほどで雨は上がりましたが、砂浜にはマットが敷けないため、
そこから15分ほどのビーチに移動。

そこは広大な砂丘が広がっていて、とても壮大な景色でした。
水温はポート スティーブンスの内海と違い、やはり20度もない感じ。
1分も入っていると指先がピリピリしてくるような冷たさです。

が、子供たちはもちろん水遊び。
ちなみにオージー達も当たりまえのように水にはいっていました。
ここでもサーファーのすぐ横をイルカが数頭気持ちよさそうに泳いでいました。

f0129798_23123387.jpgf0129798_23125462.jpg







夜、今度は私たちのキャビンでBBQ。
毎度ながらスパークリングワインで始まり、その後突然の激しいスコールに
見舞われましたが、雨が上がると美しい虹。
そして燃えるような夕焼け。20時頃日が暮れると今度は満点の星空。

前半お天気が良くなくてちょっとがっかりしていたのですが、
最後の最後で本当に美しい自然を満喫できました。
[PR]
by pyon-pyonkichi | 2008-11-29 23:08 | 旅行記